【乳酸菌のアトピー改善効果まとめ】

乳酸を作る多くの菌の総称

 

乳酸菌というのは乳酸という物質を作る能力を持った細菌の総称です。

 

実は正式な学術用語ですらありません。

 

乳酸菌にはいろいろな種類がある、というか、いろいろな細菌が乳酸を作るというだけでひとくくりにされているのが乳酸菌です。

 

乳酸菌の種類

ラクトバシラス属 ラクトバチルスともいう。桿菌(短い棒状の菌)。ヨーグルトを作るもの、京漬物すぐきから発見された話題の通称ラブレ菌もこの仲間。人間の腸内にいるものもいる。
ビフィドバクテリウム属 通称ビフィズス菌。母乳栄養の乳児の便に大量にいる。桿菌だが増殖の際にV字、Y字状のものができるので視覚的に特徴がある。
エンテロコッカス属 球菌。フェカリスやフェシウムが有名。
ラクトコッカス属 狭義の乳酸球菌とはこれを指す。乳製品に多い。カスピ海ヨーグルトのクレモリス菌もこの仲間。
ペディオコッカス属 球菌。ピクルスなど発酵植物製品にいる。
リューコノストック属 球菌。ザワークラフトなどの発酵植物製品にいる。

 

細菌株とは?

1つの種類の細菌の中で、分離培養された一定の性質を共有する小グループです。

 

たとえば「ヒマワリ」という1種類の植物でも、特別に花の大きい個体だけでを選んで何世代も交配すると、
元のヒマワリとはかなり違う巨大な花のヒマワリが作れますが、これに似ています。

 

同じ種類の菌でも株が違うと性質が大きく異なる場合があります。

 

L92乳酸菌ことラクトバチルス・アシドフィルス・L92株は、他のラクトバチルス・アシドフィルスとは違う特別な能力のある乳酸菌として扱われています。

 

カスピ海ヨーグルトのクレモリス菌FC株ことラクトコッカス・ラクティス・クレモリス菌FC株は、一般のラクトコッカス・ラクティスとは違う乳酸菌のスターです。

 

自分に合った乳酸菌を粘り強く探すこと

このように、種類や株を含めると、乳酸菌というのは大変な数の種類があることがわかると思います。

 

そのひとつひとつのアトピーに対する影響はわからないことだらけです。

 

乳酸菌でアトピーが治る事例が出ているのは確かですが、貴方に何が効くかはやってみないとわからないのです。

 

ひとつやふたつハズレが出たって気にせずに、自分のアトピーを治してくれるものと出会えるまで、粘り強くいろいろ試し続ける姿勢が大切だと思います。