【乳酸菌のアトピー改善効果まとめ】

「食品」の位置づけの乳酸菌サプリだが・・・

医薬品と食品

日本の法律では、人の口に入るものは法的には「医薬品」と「食品」の2つしかありません。

 

前者を定義するのは「薬事法」、後者を定義するのは「食品衛生法」(と「健康増進法」も関係)です。

 

医薬と食品の中間領域にあるもので、法的に定義されているのは「医薬部外品」と「保険機能食品」です。

 

「食品」の中には、保健機能食品の認可を取っていない「健康食品」も含まれます。

 

「食品」とされたものは、薬事法の制限により、具体的な効能をアピールすることが許されません。

 

医薬品

食品

【医薬品】取り扱いに注意が必要な医薬

 

【医薬部外品】効き目の緩い、注意があまりいらない薬

 

ともに薬事法の管轄。

【一般食品】普通の食べ物はもちろん、保健機能食品の認可を取っていない「健康食品」も含む。

 

【保健機能食品】「特定保健用食品(トクホ)」と「栄養機能食品」がある。

 

乳酸菌サプリの位置づけ

ビオフェルミンなどの少数の例外を除いて、乳酸菌サプリは法的には食品の位置づけです。

 

ビオフェルミンは複数の商品があり、どれも医薬品または医薬部外品です。

 

ただし、整腸の効能のある医薬品として認可を取っているので、効能として謳うことが許されているのは整腸だけです。

 

では、ビオフェルミンで使っている乳酸菌は整腸しか効果がないのか?

 

そんなことはなくて、免疫効果やアレルギー抑制などの効果も確認されて研究が進められています。

 

ビオフェルミン製薬のホームページには、そういう研究開発の紹介ページがあります。

 

でも商品の販売において、認可が下りている整腸以外の効能を謳うと薬事法違反です。

 

他の乳酸菌サプリは食品なので、もちろん具体的な効能を謳うことが許されていません。

 

ネットで調べると、乳酸菌サプリは花粉症に効く、インフルエンザが予防できる、アトピーに効く・・・など、色々な効能が書いてある。

 

なのに、乳酸菌サプリの販売サイトに行くと「体を元気にする」とか、曖昧なことしか書いていない。

 

これはメーカーが薬事法に抵触するのを恐れているためです。

 

乳酸菌サプリは効かない?

では、乳酸菌サプリの各種の効能の噂は全部ウソなのでしょうか?

 

そうではありません。

 

腸内細菌が整腸・免疫強化・アレルギー抑制など、多くの分野で健康を支えているのは間違いない事実。

 

乳酸菌サプリ各社が、動物実験や人への治験で結果を出しているのも事実。

 

でも、まだ「医薬品」のレベルには達していないというだけです。

 

それにはもっともっと人間でのデータを蓄積して、精度を上げないといけない。

 

それにはまだ何年、何十年という時間がかかります。

 

乳酸菌サプリは「効く可能性を持った食品」

でも、動物には効いた、とか、ある実験では人に効いたというのは事実なわけです。

 

すると、あなたにも効く可能性があるわけです。

 

医薬品ではないから、その可能性は90%といった高い数値ではないかもしれない。

 

でもたとえ確率が高くはなくても効く可能性があるなら、試したい人はいるはずです。

 

特にアトピーやアレルギーといった、一般的な医学が確実で根本的な治療法を提供できていない分野においては。

 

ダメ元でもいい。

 

もし効けば、そこから人生が変わるのですから。

 

それを試すのに、すべてが解明されて裏付けが十分取られて医薬品の認可が下りるのを待ち続ける必要はないと思うのです。

 

乳酸菌サプリというものはこうした位置づけのものだと理解すると、うまく付き合えると思います。