【乳酸菌のアトピー改善効果まとめ】

他の病気を広げるアトピー

 

アトピーはアトピーだけで済まない可能性があります。

 

他の病気を呼び込んでくる可能性も高いので、何としても治療していくべきです。

 

皮膚の感染症

アトピーの人は皮膚のバリア機能が低下しており、ひっかき傷も多いので、細菌やウイルスの侵入を受けやすくなっています。

 

容易に他の皮膚病に広がっていく危険を秘めています。

伝染性膿か疹(とびひ) ブドウ球菌や連鎖球菌が傷口から入り込み、そこから水泡やかさぶたがどんどん面積を広げていく症状です。
伝染性軟属腫(水イボ) ポックスウィルスの一種によるもので、プールや風呂でよくうつります。イボがどんどん増えて、それを潰した汁がついた場所にも新しいイボができます。
単純ヘルペス 口内炎を起こすヘルペスウイルスの仲間の感染で起きます。小さい水泡がたくさんできます。

 

眼症状

アトピーがひどくなった時のかゆみはすさまじいものがあり、顔を激しくこすったり叩いたりすることも多いです。

 

最悪の場合、それが眼に障害をもたらします。

 

主には白内障と網膜剥離。

 

網膜剥離と言えばボクサーの職業病。

 

それぐらい激しく目の周りをこすったり叩いたりしてしまうこともあるということなのです。