【乳酸菌のアトピー改善効果まとめ】

完治の方法が確立されていない現状

 

アトピーに対して従来の西洋医学はどのような処方を提供しているのか?

 

手短に見てみましょう。

 

3つの治療法

大きくは次の3つを併用します。

 

1.薬物療法
症状を緩和する塗り薬がメインになります。

 

ステロイド系と非ステロイド系があり、ステロイド系は効能も強いが副作用も強烈なので、医師の話をよく聞いておくことが必要です。

 

アレルギーを抑える抗ヒスタミン剤や抗アレルギーの内服薬も補助的に出してくれる場合があります。

 

2.スキンケア
傷んだ皮膚を癒し、さらなるアレルゲンの皮下侵入を防ぐためにも、皮膚のバリア機能を回復させる必要があります。

 

洗浄して清潔を保ち、保湿をこころがけます。

 

3.悪化要因の除去
ほこりやダニ、汗や汚れ、チクチクざらざらした生地の服など皮膚を刺激するものを遠ざけます。

 

飲酒、たばこ、刺激物を控え、ストレスをためないようにします。

 

しばしば物足りない治療効果

こういう治療を受けてよくなる場合ももちろん多いのですが、若干症状がマシになる程度ということもままあります。

 

恋をする時期に顔や手がボロボロで異性と向き合えない。

 

赤く腫れた皮膚をかきむしるわが子の姿に耐えられない。

 

お医者さんに通ってるのにそんな状態が何年も何年も続くこともあります。

 

そもそも従来のアトピー治療は完全治療を目標にしておらず、日常生活に支障がない程度にまで抑え込むことをゴールにしています。

 

つまり完全に治すにはどうしたらいいかはわかっていないということなのです。

 

乳酸菌の可能性を試すべき

このように従来のアトピー治療が力不足のため、人は漢方をはじめ色々なものに飛びつきます。

 

中には法外な料金を取るインチキ療法もあります。

 

乳酸菌がアトピーに好影響を与えるのは科学的事実であり、そんなインチキや俗説とは違います。

 

医学薬学界の専門家が研究とエビデンス(証拠)を固めつつあります。

 

ただ、誰にでもどんな場合にも効くというレベルにはまだ達していない。

 

どの乳酸菌が一番いいのかもわかっていない。

 

まだ「効果が出た場合があった」という事例が蓄積されつつあるだけの段階です。

 

あなたに効くものがあるかどうかはやってみないとわかりません。

 

でも、成功事例はあるし、安価な方法だからぜひ試してみるべきだと思います。