【乳酸菌のアトピー改善効果まとめ】

免疫システムの暴走

 

アトピーは複合要因で起きていると考えられていますが、その中でもアレルギーは主要な要因です。

 

アレルギーが起きる仕組みと乳酸菌の働きを説明しましょう。

 

免疫のしくみ

身体に入った異物は抗原(アレルゲンともいう)と呼ばれます。

 

人体の防衛システムである免疫系では、抗原に対抗するため抗体というものが作られます。

 

アレルギー血液検査などでよく耳にするIgE抗体はその代表格です。

 

抗体の製造には多くの種類の白血球が関わっていますが、ここでは2種類だけ頭に入れてください。

 

抗体を作る上でブレーキ役を果たすTh1と、アクセル役を果たすTh2です。

 

両者はバランスが取れていなければなりません。

 

アレルギーのしくみ

アレルギーとはTh2の作用が過剰で、免疫系がアクセルを踏みまくって暴走している状態です。

 

花粉とか卵料理の中のたんぱく質とか、人体に害がないものを危険な敵と思い込み、必要のない抗体が大量生産されて血液の中を泳いでいる状態です。

 

これによってかゆみや腫れや、時にはもっとひどい症状が出ます。

 

乳酸菌がアレルギーを抑える仕組み

乳酸菌はTh1を強め、Th2を抑える働きをしていると考えられています。

 

簡単に言うとブレーキを踏み、アクセルをゆるめて免疫系の暴走を止めているのです。

 

たくさん種類のある乳酸菌のどれが一番その力が強いか?とか、誰でもいつでも効くのか?とかいった詳しいことはまだわかっていません。

 

とにかく乳酸菌がアレルギーを緩和ないし解消する場合がある。

 

でも貴方に効く乳酸菌があるのかないのか?どれが効くのか?は色々やってみないとわからないのです。

 

こぼれ話

ある医学系の情報で読みましたが、2歳までに抗生物質を使用して腸内細菌を全滅させた経験があるとアトピーになる確率が高いそうです。

 

腸内細菌・アレルギー・アトピーの関係を示唆する興味深い話ですね。